logo logo

AI TOMINAGA
選ぶことは、
誰かへのエールになる。
選ぶことは、誰かへのエールになる。
interview
ファッションモデル
冨永愛
AI TOMINAGA

ファッション業界の第一線で活躍するモデルの冨永愛さん。
コロナによって社会の風向きが変わりつつある中、
彼女が考えるこれからのファッション業界が抱える課題とは何なのか。
また、モデルとして、一人の人間としての冨永さんの生き方、
暮らしの中での「チョイス」についてお伺いしました。

(写真 / 下村一喜)

ショックがあって、
業界が変わろうとしている。

― 「サステナブル」という言葉が、ファッション業界でもよく聞かれるようになりました。冨永さんご自身は、現在ファッション業界が取り組まれていること、これから取り組んでいかなければいけないことについて、どう思われますか?

冨永さん

いま、みんながコロナに直面して、ファッション業界全体も、図らずもサステナブルな流れが進んできていると思うんです。以前はあまり知られていなかったのですが、ファッション業界というのは、世界で2番目に環境を汚染している産業だと言われてます。数年前から、そのショックな話題が広まりはじめた。原因は、ものをつくる人たちが、産業が環境に与える影響まで見ていなかったこと。見えていなかったのか、見ようとしていなかったのか。これまでの業界のやり方は、毎シーズン、コレクションをつくって、余ったら破棄していたのです。私が着ているセーターも繊維からつくられていますが、この一着が世の中にどういう影響を与えているのか、誰も考えてこなかった結果だと思います。けれど、コロナ禍で流通がストップして、物理的に新しい服がつくれなくなった。これまで築いてきたものを一度壊して、再構築していくタイミングだからこそ、新しい常識をつくっていくことができると思っています。毎シーズン、コレクションを発表すること自体が悪いとは思いません。震災のときも、今回のコロナもそう。大変な状況のときに、ファッションは生命を維持していく上で必ずしも第一に必要となるものではないけれど、すこし経てば、やっぱり「心の栄養」として大事なものだったと気づく。大切なのは、そのつくり方。つくる量をコントロールするなど、生産方法自体を見直していくことが求められているんだと思います。

格好よく、美しく、
届けていくのが私の使命。

―サステナブルな未来を目指していく中でも、ファッションを楽しみたい人も多いと思います。そんな私たちが、日頃からできることとは、なんでしょう。

冨永さん

まず、商品を購入するときにできるのは、自分が好きなブランドがどういう活動をしているのか、自分で調べてから買い物に行くこと。企業の環境意識も高まって、今やもう、そうした取り組みをしていないブランドは、ほとんどないといえるくらいですよね。一方で、それがユーザーにとって、伝わりにくいことも事実です。ブランド側としては発信しているつもりでも、実はユーザーが自ら調べないと情報を得られない。若い方たちと話していると、ファッションが環境を汚染しているということに、あまり関心がないことがわかります。だからこそ私は、ファッション業界の人間として、かっこよく、美しく発信していくのが自分の使命だと思う。社会貢献やエシカルの取り組みは、100%やらなければと思うと、なかなか取り組めなくなる。100%ではなかったとしても、自分の生活の1割2割だけでも変える取り組みをみんながすれば、状況は大きく変わる。そういう気軽さというか、メッセージを伝えていければ、たとえ全員に届かなくても、1割でもなんとかしようという人が増えていけば、大きな変化につながると思っています。

今日のチョイスが、
地球上の誰かを応援している。

― 一人ひとりが、すこしずつ行動を変えていく。それが、美しい未来にもつながっていきますね。最後に、冨永さんが考える「美しい生き方」とは、一体どんなものでしょうか?

冨永さん

心が豊かになることかなぁ。コロナ禍で考えさせられたことですが、自分さえよければいいというわけではない世界になったと感じています。他者の幸せも含めて、自分の幸せという時代になったんじゃないかと思います。今でも覚えているのですが、最近どうしても欲しい、かっこいいデザインのデニムに出会ったんです。でも詳しく調べたら、そのブランドはサステナビリティに関する活動を何もしていなかった。正直葛藤したんですが、私はその時、買うのを諦めました。製品を選ぶことは、私がたとえ意識していなくても「誰かを応援する」ことにつながっていると思うから。選ぶって、応援なんです。自分が何かをチョイスすることで、この地球上にいる、誰かのためになっている。絶対に。だから、きちんと情報を知った上で、チョイスしたい。みなさん一人ひとりのチョイスにも、その力があるということが、伝わるといいなと思いますね。

お問い合わせ